令和5年度文化庁「芸術家等の活動基盤強化 芸術家等実務研修会の実施」事業
契約で業務に安心を

アニメーション制作者・制作会社に向けた
適正な契約関係普及のための研修会

 スケジュールや支払など、仕事で困ったことはありませんか。昨年10月から開始された「インボイス制度」や今秋施行予定の「フリーランス新法」への対応は万全ですか。トラブルのない安心の業務は、受注者と発注者の契約から始まります。
 アニメーション分野の個人の制作者と制作会社等の担当者を対象に、適正な業務委託契約について理解を深め、契約とそれに基づく業務を行う方法を解説する研修会を開催します。
 令和4年7月に文化庁が公表した契約書のひな型や解説等を含んだ「文化芸術分野の適正な契約関係構築に向けたガイドライン(検討のまとめ) 」に基づいて、アニメーション制作に共通の基本の契約と、代表的な職種の個別の業務の契約について、法律の適用もふくめて解説する研修会です。
 受講は無料。下記の参加申込Webサイトからお申し込みください。
研修会は終了いたしました

◆研修会の講座編成

テーマと受講対象者を分けて、4種の講座を実施します。

テーマ 対象者 実施時間
①「業種別の個別業務委託契約の注意点」 主に発注者 90分(13:00~14:30)
◆代表的な職種の代金の計算方法や業務の内容、進行などの契約の注意点
・職種の分類(情報成果物の作成と役務の提供)、下請法とフリーランス新法の適用対象
・話、シーン、カット、枚数、尺などの代金計算の単位と注意点
②「基本・個別の契約による適正な受発注の方法とは」 受注者・
発注者共通
90分(15:00~16:30)
基本契約書と個別業務委託契約書(発注書)による適正な受発注の方法
・基本契約書の作成方法、個別の契約書(発注書)作成と、受領書、請求書等の運用方法
・インボイス制度に対応した消費税の扱い、支払金額の計算、請求書の確認
③「契約と業務の進行、納品、完了、支払」 主に受注者 90分(17:00~18:30)
契約により納品や業務の完了、支払の条件・期日を確認して業務を進める方法
・成果物のチェック(検査)と納品、監督等の業務の完了の条件・期日
・業務の内容、仕様とチェック(検査)、やり直し、リテイクの条件・代金
④「仕事のトラブル、契約で解決」 主に受注者 90分(19:00~20:30)
受注や納品、支払など業務の困りごとの相談を通じ、契約の役割、効果
・納期が間に合わなかったのは、業務の開始が遅れたため、なのに支払いも遅れるの?
・他の作品で使った背景を使いまわすように言われましたが・・・・?
※受講申込時に相談を受付け
【解説】 小田 勇一(弁護士法人大江橋法律事務所 パートナー弁護士)
【進行】 一般社団法人日本動画協会 「芸術家等の活動基盤強化芸術家等実務研修会の実施」事業 事務局
小野打 恵(一般社団法人日本動画協会 働き方改革等検討委員)

◆開催日時・参加方法

開催形式は、対面形式とオンライン配信、それぞれ1日に同じ4種の講座を行います。

【対面研修会】
開催日時: 2024年2月11日(日)13:00~20:30(開場 12:40)(各講座定員50名)
申込〆切: 2024年2月8日(木)
会場: TKP新宿カンファレンスセンター カンファレンスルーム4E
(東京都新宿区西新宿1-14-11 Daiwa西新宿ビル)
【オンライン講座】
開催日時: 2024年2月14日(水)13:00~20:30
申込〆切: 2月12日(月)
URL: お申込後、メールにてお知らせします。

◆研修会テキスト教材・インフォメーションムービー公開

同Webサイトから、 研修会で使用する3分冊のテキストをダウンロードできます。
研修会のインフォメーションムービーも視聴できます。

研修会テキストダウンロードはこちら

個人のアニメーション制作者と制作会社の業務委託契約 ガイドブック 基本編 個人のアニメーション制作者と制作会社の業務委託契約 ガイドブック 個別業務編
◆第1分冊 個人のアニメーション制作者と制作会社の業務委託契約 ガイドブック 基本編
◆第2分冊 個人のアニメーション制作者と制作会社の業務委託契約 ガイドブック 個別業務編
個人のアニメーション制作者と制作会社の業務委託契約 契約書・発注書、取引書面のひな型例と作成方法
◆第3分冊 個人のアニメーション制作者と制作会社の業務委託契約 契約書・発注書、取引書面のひな型例と作成方法

インフォメーションムービー公開

第1話 「仕事のトラブル、契約で解決」

第2話 「安心な受発注のための契約のすすめ」

第3話 「個別業務契約:情報成果物の作成業務編」

第4話 「個別業務契約:役務の提供業務編」